【カードショップ開業】FBAによる販売自動化

【カードショップ開業】FBAによる販売自動化カードショップTAKCHANブログ

今回はアマゾン出品者となり、ある程度仕入れルートが確保できて、収益が上がっている状態で、更にワンランク上を目指す場合に役に立つであろうアマゾンのオプションサービスFBAの話題です。

FBAはフルフィルメント by Amazonの略である。
http://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/soa-fba.html

ざっくりどんなサービスか説明すると、
仕入れた商品を、アマゾンの倉庫に丸投げして、その後の商品の受注、決済、発送全てをアマゾンがやってくれるというものすごいサービスです。

また多くの人が見落としてる点を指摘すると、FBA出品された商品にはお客目線で見たとき、アマゾンプライムという即日配送を保障するようなサービスが適用されることがあげられます。

これによって、FBA出品されてないものをアマゾンで仕入れて、それを値段をつりあげてFBA出品すると、アマゾンプライム配送を求めてる人が、他の店より高いのにも関わらず、FBA出品者から買うなんてことが起きてしまうこともありえます。これに多くの人が気づいてないです。

ただ手数料がかなり取られるので、この手数料の高さによって、多くの出品者がFBAを利用してない。
多くの人が利用してない=ブルーオーシャンというわけです。

 

物販による利益を加速させたい場合、
単価の高い商品など、FBA手数料を差し引いても利益が出る商品を
現状の利益、全額を投入して、仕入れて、
全てFBA出品します。
そして、その商品を他の出品者がFBA出品してないものであるなら、少しずつ値段を上げるなどして、値段を調整することで、利益を増やせます。
繰り返しますが、FBA出品によってアマゾンプライムが適用されるということが付加価値となるのです。

トレーディングカードのシングルカードでも、1枚1500円以上の販売価格のもので、在庫過多になったときや、手が回らないときはFBAに丸投げします。

個人レベルで、しかも比較的作業を必要とせず、薄利多売のフェーズにシフトできるということです。

このようなできる限りの自動化を考えることは大きなメリットになるでしょう。

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

フェイスブックの友達になってくれた方、プロデュエリストorファイターを目指す特別なページへ招待します。
よろしくお願いします。
原 翼のフェイスブック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>